災害から命を守る赤十字

今年は年頭から西日本や北陸での豪雪、その後は猛暑・豪雨・台風・地震と、
様々な災害に襲われました。
多くの被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

平成23年、東日本大震災の時、何か直ぐに手助けは出来ないものかと
弊社社長も両親の故郷である東北の被害に心を痛めていました。
その頃届いたのが、法人に向けた日本赤十字千葉県支部からの封書でした。
日本に根付いて130年余、あの赤い十字のマークです。
この時を機に、弊社では毎年支援の気持ちを届ける活動が始まりました。
いつか来るかもしれない災害から、命を守るための備えや教育が大切であることも
赤十字から学びました。
日本赤十字の支部は各都道府県にありますから、
いつでもだれでも立ち寄れる身近な支援の窓口ですね。