平成31年 新年のつぶやき

ゆい(結)と政治・・・ 

日本三大名瀑「袋田の滝」がある茨城県久慈郡大子町(だいごまち)に現役の田舎暮らしを一人で実践してる知人がいる。周囲は「広大なこんにゃく畑」や「イノシシ除けコード」が印象的な「日本昔ばなし」の世界だ!
現地では白菜、椎茸、エビイモ、茶豆、でんすけスイカ等々、ご近所の農家の方が丹精込めて耕作している姿に感服の思いだ。知人曰く10年ほど前、よそ者が田舎暮らしにあこがれて移り住み、早朝から大汗流して集落の土手や歩道、ゴミ捨て場など、あたりかまわず草刈り機をうならせる。そんな本人の姿を近所の皆さんが見守るうるわしい関係に胸をなでおろす。

場所は変わり、自分の両親と和食のファミリーレストランで食事をしながら、大子でもらった根菜類の話しをしたところ「昔はそうやってお互いに助け合って暮らしたものだなぁ~ 確か、そのことを結ぶと書いて「ゆい」といったかな?・・」と父(宮城県本吉郡本吉町出身)がつぶやいた。

昨今、テレビで流れるニュースや政治番組には、どうも納得がいかない「忖度」絡みの話が多すぎる。
私にもあらゆる「シガラミ」や「付き合い」はあるものの、社会の秩序を乱さぬよう一線を画している。
日本人の「ゆい」精神と間違った「忖度」を履き違えないように肝に命じ、本年も猪突猛進の加速度にサイドブレーキを握りしめ、進化の年にする!

 

代表取締役  佐藤 浩之

平成30年 新年のつぶやき / 令和2年 新年のつぶやき